NPO法人関西心理相談員会
このブログは関西心理相談員会が管理しています。 研修会等のお知らせ、研修会の報告などを随時掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『男の「本音」を聞き取るために』~男性を取り巻く環境や問題を知る~
『男の「本音」を聞き取るために』~男性を取り巻く環境や問題を知る~

◆講師:千葉 征慶 氏        
◆日 時:2015年3月14日(土) 14時~17時
◆場 所:サムティフェイム新大阪 4階G会議室
◆参加費:会員:2,000円、一般:3,000円

大阪市淀川区西中島6-5-3 TEL06-6885-9000
(地下鉄御堂筋線『西中島南方駅』、阪急京都線『南方駅』徒歩5分、JR『新大阪駅』徒歩10分)
※2単位申請中

~講師からのメッセージ~
平成26年版男女共同参画白書が公表されました。特集は「変わりゆく男性の仕事と暮らし」です。男性に比べて、女性の方が幸福度や生活満足度が高く、妻が主婦の場合、妻の幸福度は高いが夫の幸福度は低いなどの統計結果は、ニュースの話題になりました。今、日本の男性を取り巻く環境そして問題はどんなところにあるのでしょう。
男性相談を担当して、一人でも多くの、日本で暮らす男達の気持ちを――それを「弱音」と呼ばないで――そのまま聴き取りたいと思います。そのために、まず、この白書を通じて、日本の男性が置かれている現状について確認してみたいと思います。また、男性相談の中では、限定されたひとつのテーマになりますが、DV加害男性への相談対応について、「暴力男性の教育プログラム」「DVにさらされる子供たち」そして「男性権力という神話」といった専門書から学んだことをお伝えしたいと思います。

千葉征慶(ちば・まさのり)講師プロフィール
1957年1月6日生。上智大学大学院卒。(教育学修士)
富士通㈱カウンセラーを経て、現在、NPO法人関西心理相談員会(代表理事)、㈱フィスメック(シニアコンサルタント)、大阪府臨床心理士会副会長、神戸松蔭女子学院大学非常勤講師。
臨床心理士、産業カウンセラー。ロゴセラピスト。
日本版「PILテスト」の開発者の一人。共著に、「生きがい」河出書房新社、「PILテストハンドブック」システムパブリカ、「フランクルを学ぶ人のために」世界思想社、「暴力の発生とその連鎖」人文書院など。





スポンサーサイト
『4つのケア』と『メンタルろうさい』
職場のメンタルヘルス対策
『4つのケア』と『メンタルろうさい』

◆講師:山本晴義 先生
◆日 時:2015年1月17日(土)14時~17時
◆場 所:サムティフェイム新大阪 4階G会議室
◆参加費:会員:2,000円、一般:3,000円

大阪市淀川区西中島6-5-3 TEL06-6885-9000
(地下鉄御堂筋線『西中島南方駅』、阪急京都線『南方駅』徒歩5分、JR『新大阪駅』徒歩10分)
※2単位申請中

産業現場においては、労働者に対するストレスチェックが重要な取り組みとして進められようとしています。産業保健スタッフとしてそうした状況に対応していくための知識とスキルを身につけていくことは今後の活動の中でも大切なことです。今回は、まさしく現場の第一線で長きにわたりご活躍されているメンタルヘルス対策の第一人者、山本晴義先生にご講義いただきます。ぜひこの機会に奮って参加され、皆さんのこれからの活動の気づきとされますようご案内申し上げます。

~先生からのメッセージ~
職場のメンタルヘル対策で大切なことは、4つのケアの実践です。ストレスチェックを行う上では、①労働者のプライバシーが保護されること、②事業者にとって容易に導入でき、また労働者にとって安心して参加できること、③労働者が健康の保持に必要な措置を超えて、人事・処遇等で不利益を被らないこと、④必要な場合には専門家につなぐことができることです。10年かけて開発した「メンタルろうさい」について、普及の意義についてお話します。

【講師プロフィール】
 1972年東北大学医学部卒、現横浜労災病院心療内科部長、厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員、日本産業ストレス学会理事、文京学院大学講師など。14年間にわたり「こころのメール相談」に取り組み、毎日20件を超える相談対応。著書「ストレス一日決算主義」「メンタルヘルス対策の本」「ストレス教室」「メンタルサポート教室」「ビジネスマンの心の病気がわかる本」など多数。



お申し込みはこちらから
平成26年11月度 特別講演のご案内
平成26年11月度 特別講演のご案内
『 聴く 伝える 』

◆講師:住田 功一先生(NHK大阪放送局エグゼクティブアナウンサー)         
◆日時:2014年11月8日(土) 14:00~17:00
◆場所:サムティフェイム新大阪 9階ホール
◆参加費:会員:2,000円、一般:3,000円

今年の夏は天候不順が続き、広島では集中豪雨による甚大な被害が発生しました。
日本は、自然災害の絶えない国です。1995年1月の阪神淡路大震災、そして、2011年3月の東北大震災、
それ以外にも、大なり小なりの災害が絶え間なく起きています。その中で、被災された少なからぬ人々が
“心の病”を患うことになります。その時、どのような思いで、被災者の方と接し、話を聴くのか、また、
少しでも早く回復できるようにどのように支援するのか、またその記憶や記録を被災地でない人たちに
どう伝えていくのか、心理相談に関心ある者として大きな課題です。
今回は放送局というメディアの中で「伝える」ことを専門にされている住田 功一先生に講演をお願いいたしました。
先生は長年アナウンサーとしてご活躍されています。また故郷の神戸で大震災を体験され、
現地レポートなどを通して社会に様々なことを発信されています。特に、人が困難に陥った時の人との関わりなど、
色々な場面を通して先生が感じられ、培われたことをお話しいただきます。
今回のお話は、コミュニケーションの基本である「聴く」「伝える」ことを考えてみるまたとない
機会になるものと確信しています。多くの方のご参加をお待ちしております。

(講師紹介):住田 功一先生 プロフィール
神戸大学経営学部卒
      現 NHK大阪放送局編成部所属 エグゼクティブアナウンサー
      現在担当番組:「関西ラジオワイド」(月~水担当)、「関西ラジオ深夜便」
(第2金曜日担当)
      著書:「語り継ぎたい。命の尊さー阪神淡路大震災ノート」(学びリンク刊)

※2単位申請中



※お申し込みはこちらから
平成26年9月度 定例研修会のご案内
~産業保健スタッフとして知っておきたい~
『職場不適応要因としての自閉スペクトラム症(旧発達障害)』の対応について
◆講師:西川 瑞穂 先生   
かく・にしかわ診療所 院長、
公益社団法人 大阪精神科診療所協会 理事 
       
◆日 時:2014年9月20日(土) 14時~17時30分

◆場 所:サムティフェイム新大阪 4階G会議室
大阪市淀川区西中島6-5-3 TEL06-6885-9000
(地下鉄御堂筋線『西中島南方駅』、阪急京都線『南方駅』徒歩5分、JR『新大阪駅』
徒歩10分)
※2単位申請中

お申し込みはこちらから
7月度定例会のお知らせ
NPO法人関西心理相談員会 平成26年7月度 定例研修会のご案内文字色

~職場のメンタルヘルス~
『産業現場におけるメンタルヘルス対策のポイント』

◆日 時:2014年7月12日(土) 14時~17時00分
◆場 所:サムティフェイム新大阪 4階G会議室
大阪市淀川区西中島6-5-3 TEL06-6885-9000
(地下鉄御堂筋線『西中島南方駅』、阪急京都線『南方駅』徒歩5分、JR『新大阪駅』徒歩10分)

【第1部】14時~15時  
◇講師: 平岡正弘 氏 『労働衛生行政の動向と対策』
   中央労働災害防止協会 大阪労働衛生総合センター 健康快適推進室 室長

【第2部】15時15分~17時15分 
◇会員発表:心理相談担当者として『新撰 心理相談いろはかるた』
から、お互いの事例を通して学び合いましょう!


産業現場におけるメンタルヘルス対策としては、平成30年3月までの5年間を計画期間とする
「第12次労働災害防止計画」が昨年4月に策定され、労働災害死亡者数や休業4日以上の
死傷者数の15%以上の減少を目標数値として掲げ、誰もが安心して働くことができる社会を
目ざして取り組みが進められています。また、健康管理対策について国会で審議されるなど、
新たな動向も予測されます。
第1部では、健康体操の普及など職場で実践的な対策を推進してこられた広岡正弘氏より、
労働行政の最近の動向や、産業現場におけるメンタルヘルス対策のポイントを学びたいと思います。
第2部では、先日の『NPO法人関西心理相談員会設立10周年記念特別講演会』に合わせて
「職場におけるメンタルヘルス」をテーマに当会員により作成した「いろはがるた」を事例を通して
紹介します。当日は「新撰 心理相談いろはかるた」特別記念冊子を資料に致します。
ご持参ください。お持ちでない方には配布致します。この機会に、是非ご参加ください。
※2単位認定あり

お申し込みはこちらから




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。